←戻る
スーパーX

スーパーXは、アスリートの視点で、最高の競技性と安全性を実現し、世界中で4,000ヵ所以上のトラックに採用され世界各国で高い評価を得ています。
→カタログPDFはこちら

施工方法

下地工
ライン工
目止め工

樹脂モルタルの目止め材にて開粒アスファルトの凹凸の目を止め平滑にする。

不陸整正

専用ウレタン接着剤にて不陸修正を行う。

仮敷

乾燥した下地に、1日の施工範囲のスーパーXを仮敷きします。

接着剤塗布

ジョイント部の寸法を正確に合わせた後、専用ヘラで均一に接着剤を塗布します。

貼り付け

ロールを広げながら接着剤を塗布した面を圧着しながら貼り付けます。

重し養生

貼り付け完了後、すぐにジョイント部にレンガを置き養生します。

エッジ処理

内泡がと外側の芝や土の取合部は防水のために、接着剤又は、ウレタンを塗布します。

ラインマーキング

基本的に専用ライン型枠を使用し、内側縁石(カービング)を基準に行う。(財)日本陸連の定めた全天候舗装用レーンマーキング等を基準とする。

完成
←戻る
ご質問や説明のご依頼は、フォームよりお気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら