←戻る

セフティクッションフェンス

スポーツやライフシーンの安全をサポートする「セフティクッションフェンス」。さまざまな現場に対応する施工性と耐久性、そしてメンテナンス性の高さが、ハイクオリティーな衝撃吸収壁を実現します。
→カタログPDFはこちら

特徴

(1)高い施工性

緩衝作用に優れた単独気泡帯をラバーシートで包んだ構造で、自由な長さに切断できるのはもちろん、R面などの複雑な壁面形状にも容易に施工できます。

断面図標準仕様 断面図遮水パネル付き仕様
PAGE TOP
最大加速度・衝突速度線図(体重70kgとした時) (2)安定した緩衝力

フォームの厚みは20mm以上で、用途にあった厚さを選べるため、予想されるどんな衝撃にも確実に対応できるクッション力が得られます。(最大加速度は100G以下が望ましい)

※(右図)体重70kgの選手が秒速4mのスピードでフェンスに衝突した時、フォームの厚みは30〜50mmが最大加速度100G以下の範囲内になります。その他、表層材・クッション層・厚み等の組合せ変化によるテストデータもあります。(東工大 小野研究所)

PAGE TOP
(3)優れた素材性

クッション材は単独気泡のポリエチレンフォームを採用する事により、連続気泡のウレタンフォームなどとは異なり、漏水や結露による浸水に非常に強い素材構成になります。

素材
PAGE TOP
(4)支柱・ホームランカバー

壁面のみをクッション材で防護しても、ダッグアウトや内外野のネット支柱に激突して、思わぬ大事故につながることがあり得ます。できる限り支柱用の保護カバーを並設するようおすすめします。支柱・ホームランカバーは、パイプ外径に合せた半割のクッション材全面にカラーシートをほどこした衝撃吸収材。耐候性のビニール結束バンドで簡単に取り付け出来ます。

支柱・ホームランカバー
←戻る
ご質問や説明のご依頼は、フォームよりお気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら