image 1

ニュースリリース

2020/11/20  information

11月19日付の交通新聞に、当社が阪急電鉄様と共同開発した、可動式ホーム柵プレート一体型のタイルに関する記事が掲載されました。

当社は総合床材メーカーとして、SDGsが掲げる「目標11:住みつづけられる街づくりを」に貢献するため、2030年までに、女性、子ども、障害者、および高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供することを目指しています。
当社は今後も駅舎や鉄道施設の安全、安心、快適な空間づくりを通して持続可能な社会づくりに貢献して参ります。
(以下、2020.11.19付 交通新聞記事抜粋)
2020.11.19News.jpg