社長メッセージMessage from the president

皆様は、何を基準に志望する会社を選ばれるのでしょうか。
色々な考え方があり、何が正しいという答えはないと思いますが、私は縁あって当社で働く皆様には、「クリヤマに入社して良かった」、「クリヤマが好きだ」と思っていただきたいと思っています。

70有余年の歴史を持つクリヤマグループには、伝統を継承しつつ時代の変化に対応した変革が求められています。過去を切り捨てるのではなく、時代にマッチした部分は残し、株主、お客さま、社員とその家族、社会のことを大切にしながら、私たちは次の3つを当社の活動の中心に据えて新たな伝統を築き上げていきます。

競い合える会社 社員同士が向上心を持って切磋琢磨する/助け合える会社 社員同士が互いに尊重し、協力し合う/夢を語り合える会社 社員同士が活発に議論し、夢を目標に変え達成していく
競い合える
会社
社員同士が向上心を持って
切磋琢磨する
助け合える
会社
社員同士が互いに尊重し、
協力し合う
夢を語り合える
会社
社員同士が活発に議論し、
夢を目標に変え達成していく

若手社員を見ていると「人と比較して恥ずかしくないか」ということを自己評価の基準にしてきたのではないかと感じることがあります。しかし私は、なぜ無理をして人に合わせるのか?もったいない!と思います。勇気を持ち、自分の思う道を歩き続けると、必ずや会社の中で自分が役立つ「場」が見えてくるはずです。自分の良さを見つけると、自信が生まれるものです。ですから、学生の間にぜひ一度「自分の個性を発揮できるところはどこなのか?」をじっくりと考えてみてください。就活は、自分の良い部分を磨く良い機会だと思い、自信を持って堂々と進めば、おのずと「自分の職場」が見つかるはずです。

仕事では、あらゆる事象を寄せ集めて、自分なりの答えを導き出していかなければなりません。問題が発生するたびに上司にお伺いを立てるのではなく、自ら課題を見つけ、考え、判断し、勇気を持って歩いていける人こそが、これからのクリヤマを支えるキーパーソンとなるはずです。

新しいことに挑戦する過程では、失敗はつきものです。しかし、人は苦境に立ち向かい、苦しい思いをして、それを知恵と勇気を持って切り抜けることで成長していきます。失敗を恐れずにチャレンジし続けてもらいたいと思います。
仕事の面白さは、汗を流し、知識を蓄え、社会(周りの人)を動かし、誇るべき成果を上げた時(小さくてもよい)に、皆と喜びを分かち合い、自己の成長を確認できた時に感じられるものです。
皆様も仕事の面白さを当社で掴み取りませんか。

代表取締役社長能勢 広宣
代表取締役社長 能勢 広宣の写真代表取締役社長 芦田 敏之

ページトップへ戻る

© Kuriyama Corporation.